医療レーザー脱毛は苦痛になるほどの痛み?

医療レーザー脱毛とは、黒い色だけに吸収される光を照射することによって、毛や毛根にダメージを与えて脱毛する方法のことを指します。
医療ということもあり、エステサロンなどとは違います。
また、毛のサイクルにあわせて照射していくと、毛が永久に脱毛されていきますが、一度では効果が出るということはなく、毛のサイクルがあるために最低でも4~5回照射すると毛が生えにくくなるまでには至らないことが多いかと思います。
人によっては、毛が薄い人や毛の生えている量など違うため、何度かの医療レーザー脱毛で全く生えてこなくなるという人も中にはいるようです。
肌にダメージを与えることが多い脱毛方法のため、輪ゴムではじいた感じといわれる事が多いですが、中には苦痛になるほどの痛みを感じる人もいるようです。