ゴールドカードやプラチナカードのステータス性は凄い?!取得する条件は?

ゴールドカードはクラッシックよりも高い地位が与えられているので一般会員には提供されないサービスが利用できます。
昔は申し込み条件として、年収400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年では、よりハイレベルなカードが作られてきたので、条件はゆるくなってきたようです。
対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中には劇場などのチケットの手配、専用の会報誌の提供などがあります。
ETCカードを使えば、高速道路料金が割り引かれるだけではなく、クレジットカードのポイントも貯めることができるのですごくお得です。
ところで、ETCカードを選ぶ時のポイントとしては、年会費が無料のものが人気です。
また、入会するといくらかのポイントが進呈されるキャンペーンを行っているETCカードも存在します。
申し込み方法としては、クレジット会社のHPから申し込むことが可能です。
会費が不要になるものもありますが、これは一般会員の中から企業側が選出した人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、こちらから申し込んでも受理されません。
その上、規定の決済金額で年会費が不要になるものもあり、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAゴールドでは年間100万円の決済で適用されます。
クレジットカードは何かを購入した際に現金で支払う必要がないのであるととても便利なカードです。
そして、買い物の支払い時だけでなく公共料金もクレジットを使って支払う事が出来ます。
クレジットカードを利用して支払いをするとポイントが知らない間に貯まっている事もありそれが目的で支払いをクレジットに指定される方もいらっしゃいます。
しかしながら、クレジット指定にすると口座振替の時とは違って月額の割引対象から外れる場合があります。
お金いらずで飲食店や買い物ができるので財布の中を気にする必要がなくなるカードがありますね。
利用額の何パーセントかのポイントが付いたり割引などのサービスを受けられることもあります。
使い方は簡単!支払いの際に提示してサインするだけですが本人名義の物でなければいけません。
支払で使った金額の清算の方法は契約時に指定された毎月の支払日に自動引落されます。
通常、1回払いで引き落とされますが「後からリボ」や「ローン」に変更する事もできます。

プラチナカードの取得条件は?【インビテーションと年収関係あり?】