経営者の住宅ローン審査は厳しい?

会社経営者の方が住宅ローンを組む時に必要なのは、収入を証明するものや借り入れがないことや家族構成等、色んな事を審査されます。
しかし審査の大きな部分を占めるのはやはり収入です。収入が多ければ思っていたより簡単にローンを組む事が出来ます。
安定している職業の方だとなおさらです。翻って、経営者の方が経営者住宅ローンで住宅を購入しようとする時は経営者向け住宅ローンのサイトによると審査がかなり厳しくなります。最低でも3期分黒字でないと先ずローンの審査には通りません。それに経営者自身の収入も関係してきます。いくら黒字でも、経営者自身の収入を下げての黒字なら意味があまりないからです。
収入が安定しないという事は、住宅ローンを返済することが難しくなってくるからです。
ですから最低3期分の貸借対照表と損益計算書を提出し、経営者自身の収入と会社の損益を確認します。
そこがしっかりしていれば、住宅ローンを借りる事も出来ますが、それでも普通の住宅ローンより短期間で返済するようなローン計画を出されます。それでも経営者の人が住宅が購入したいなら、金利の低い今経営者住宅ローンを組みましょう。

経営者住宅ローン審査に通るには?基準甘い銀行!【赤字会社の場合】