B型肝炎用の薬である核酸アナログ製剤は保険が適用されます

B型肝炎の治療というと、インターフェロン治療と核酸アナログ製剤が有名です。
このふたつの治療方法は、保険の適用が認められており、併用による治療も可能なため、多くのB型肝炎患者の治療に採用されています。
インターフェロン治療と核酸アナログ製剤利用における副作用としては、インターフェロンのほうが若干副作用が出やすく、核酸アナログ製剤は副作用が少ない治療方法だと言われていますが、併用することにより、副作用リスクが高まる点には注意しましょう。
また、核酸アナログ製剤は、続けて飲み続けるタイプの薬であるため、副作用がでたからと勝手に自己判断で服用中止すると危険な状態になる場合があります。
核酸アナログ製剤の服用をやめたいと思っても、勝手な服用中止はせずに、必ず担当の医師に相談するようにしましょう。